これまでの子育て方針と成長歴

people standing on shore during golden hour

自分自身気分屋なところがあるので、常にそうしてきたわけじゃないけど、今まで意識してきたことを書き出してみる。

方針は、命に関わること以外は怒らない。子供の感情に引っ張られない。子供の意見を聞く。

0才

よく食べてよく寝て、体を大きくなる。
大人が注意を引こうとするのではなく子供の目線を見て、興味を引くものを深堀させてあげるイメージ。
森のくまさんよく歌ってた。
うるさいバイクがいつも夜中に通ってたので夜泣きが大変だった。

1才

歩けるようになり、真似もできるようになる。
好奇心を尊重し、興味を持ったことを安全を考慮した上でやらせてみる
この時期は食べ物をこぼしたり汚したりは当たり前なので、多少部屋が汚れたりしても怒らない。
むしろ汚れたら、濡れるとか、拭くとか、そういったことを学べる機会にする。
(もちろん内心では、家ガァァァと常に叫んでいる。)

赤ちゃんの場合、怒るまでのステップを理解できていない状態なので、言葉が通じるようになってから理解してもらうようにする。
例えば、味噌汁をこぼしたら怒りたくなるが、赤ちゃんを完全にコントロールできるわけじゃないので、こぼすのが当たり前。
怒る感情の中には暗黙的に、床が汚れる、洋服が汚れる、汚れたら選択が必要、臭いがつく。着替えしないといけないなどの原因っが含まれていて、それらを伝えずに怒っても萎縮させてしまうだけになるから。

2才

あまり覚えていないけど、ふざけるようになる。
1歳の頃は食べ物をこぼした時に許容していたが、この歳になるとわざとこぼしたりすることがある。
そう言った時は、なぜいけないことなのかを伝える。わかってくれる年齢。

思い出のような記憶力はまだないが、毎日を全力で生きている。
子供の考えを尊重する。本とか文房具を与える。
なんでも親の正論で行動を強制するのではなく、子供の意見も聞いてあげる。

この頃からか、イヤイヤすることが日常になっていく。
そういう時はちょっと環境を変えると落ち着いたりする。

子供同士でコミュニケーション取れるようになる。

3才

映画が見れるようになる。
ぬりえやハサミに興味を示す。
話もしっかり出来るようになる。
歯磨きもしっかり教える。

4才

文字に興味を持って書き始める。
もう日常生活の基礎は完成している気がするので、
社会生活とか道徳とか、いろんな視点で物事を考える力を身につけていくんだろう。

今後

なんか4歳なのにしっかりしすぎてて、自分の時はボーッと何も考えてなかったなーと思い出して比べる日々

引き続き、命に関わる危険な行為はしっかり注意するけど、
それ以外のことは、とりあえずやって見てみれば良いと思うし、そういう環境を与えていきたいなと
と言った感じで、ゆるーくやっていきます。