入間川

3歳を超え、近所の市民プールのスイミングスクールに通っている長女 梅雨もあけ、季節に合った遊びをしたいと思って山が見える入間川へ こういう場所に行くときに、自家用車だと便利だと痛感。

コンビニ人間

描写がリアルで読んでいて楽しい小説だった。 人それぞれの生き方や考え方は自由で多様性を認めつつも 自らの人生観に照らし合わせて、都合の良いように解釈している点は、自分も否めないと思った。 気づきの多い小説。